インプラントとCT

CT(Computed Tomography)とは

CTとは実際に切断しないと撮影出来ないレントゲン画像をコンピュータ処理で見られるようにしたレントゲンといえます。
体の断層写真が得られるので、インプラントをはじめ親知らずの抜歯や歯周病治療などの診断に大変役立つ検査です。

CTは従来、医科や歯科口腔外科領域で用いられており、一般の歯科診療所で導入する事はほとんどありませんでしたが、インプラントや再生治療をする際には非常に有効な機器です。


歯科用CTの特徴

CT撮影というと、ベッドに寝て周りを大きな機械が動き、時間がかかる・・・というようなイメージをお持ちだと思いますが、歯科用CTでは椅子に座っていただいて、頭の周りを機械が一周するだけで撮影が終了します。
歯科用CTは、医科用のCTに比べて放射線の量が約1/10程度と身体に優しいものです。
医科用に比べて、歯科の分野の場合は特にミクロンレベルでの情報を必要とします。

東松戸駅前歯科医院で導入した歯科用CTは、短時間のX線照射による繊細な画像を、3Dや断面等、様々な角度や方向から観察することができます。
また全ての検査を院内で行うことができるため、患者様が遠方の検査機関まで出向く必要もありません。


CTによるメリットとは

CTのメリットその1 ~正確な診断~

前述のように、CTによって今まで見えなかった歯の内部や骨の内部まで、正確に見ることが出来るようになりました。
従来のレントゲンでは、口腔内を平面の2次元で診断をしていましたので、顎の骨の高さは把握できても骨の幅までは正確に把握できませんでした。

2次元である平面から3次元である立体で口腔内を見ることができるので、そこから得られる正確な情報により、診断を行い患者様に対して適切に治療内容や方法を説明することができます。
CT撮影を行うことにより、患者様も視覚的に理解することができ、「安全」に「安心」して「納得」した上でインプラント治療を受けることができます。


CTのメリットその2 ~安全確実な治療~

CTにより顎の内部構造(骨の高さや幅、厚み・神経管の位置等)や埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができます。
つまり、より正確で効率よく安全に処置が行えるということです。
さらに、神経や血管を損傷させたりすることを未然に防ぐことができ、より安全で的確に治療を行うことが可能になりました。
また、上顎洞(鼻の奥にある空洞/サイナス)の形や粘膜の状態を立体的確認でき、無駄のないスピーディーな治療も行えます。


CTのメリットその3 ~短い撮影時間~

CTの撮影は、服を着たままで行ない横にはなりません。
また、撮影装置の狭い空間に頭を入れるという事もありません。
短時間のうちに高解像度で、なおかつ正確な画像を得ることが可能です。


CTによるメリットとは

CT画像を解析し、インプラントのシミュレーションが可能です。
インプラント治療の場合、「神経との正確な位置関係」、「上顎洞までの正確な距離」、「骨幅や骨密度」など、さまざまな情報が得られ、インプラントの長さや直径を指定すれば埋入方向や深さなどをあらゆる角度から審査・診断し、シミュレーションすることが可能になりました。


医院概要

東松戸駅前歯科医院

P

〒270-2221 千葉県松戸市紙敷602番地
アルフレンテ3階
TEL.047-314-5231    ※駐車場完備

診 療 時 間
10:00~13:30
15:00~20:30

※土曜日午後の診療時間は、18:30までとなります

・休診日:木曜・日曜




ページのトップへ