インプラントとは

歯の失われた部分(欠損歯といいます)にチタン製の人工歯根を埋め込んで人工歯(被せもの)の土台とするのが、インプラント治療です。

いわゆる義歯のように取り外してメンテナンスしたり、義歯が合わなくなり痛くて噛めないということもありません。
またブリッジのように、両隣の健康な歯を橋げたにするために削る必要もありません。

つまりインプラントにより、自分の歯と同じように噛むことができます。



歯がないままにしておくと・・・

歯を抜けたままにしておきますと見た目はもちろん、噛み合わせなどに悪影響を及ぼします。

噛み合わせのデメリット

  • 抜けた歯に咬み合っていた歯が動いてくる
  • 抜けた歯の両隣の歯が抜けた歯の方へ傾いてくる

※上記の理由などにより、咬み合わせに異常を生じる

見た目のデメリット

  • やはり見た目はよくない
  • 歯のない部分の顎の骨が痩せて、歯ぐきの位置が下がってくる
  • 顔の輪郭が変わってくる、歯のない部位によっては口元にしわが寄ってくる

全身へのデメリット

  • しっかり噛めないことで胃腸などの消化管に負担がかかる
  • 欠損歯の部位によってはうまく発音が出来なくなる
  • 顔の輪郭が変わってくる、歯のない部位によっては口元にしわが寄ってくる


インプラントと入れ歯の比較

インプラントとは?

インプラントとは、あごの骨に純チタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯を取り付ける歯の再建法です。


インプラントのメリット
  • 天然の歯と同じ感覚で噛むことが出来る。
  • ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がない。
  • 噛んだときに歯ぐきに天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せにくい。
  • 発音や発声への影響が最小限ですむ。
  • 食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられる。
インプラントのデメリット
  • どんなに上手く作っても天然歯の20%~30%の能力しかない。

入れ歯とは?

入れ歯は、歯を失った部分の型を取り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものから残存した歯に特殊な装置を組み込んで入れ歯を維持するものまで様々な方法があります。

簡単なものでは、歯をほとんど削る必要がなく治療回数も少なくて済みます。
治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なってきます。


入れ歯のメリット
  • ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる。
  • 治療が比較的簡単で、保険適用の入れ歯なら治療費も安い。
入れ歯のデメリット
  • どんなに上手く作っても天然歯の20%~30%の能力しかない。
  • 固いものを噛むのに苦労することがある。
  • 食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
  • 歯ぐきに噛む刺激が少ないため、あごの骨が徐々に痩せてくる。そのため入れ歯の調整がその都度必要になる。
  • 取り外して手入れをするのが面倒。
  • がたつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じやすい。
  • うまく発音が出来ないこともある。
  • 留め金が気になるなど見た目がよくない場合がある。
  • 部分入れ歯の場合バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、むし歯にもなりやすい。
  • 保険適用外の特殊な入れ歯は費用も高額になる。


インプラントができないケース

次のようなケースではインプラントが出来ない場合がございます。
詳しくは東松戸駅前歯科医院までお問い合わせ下さい。

  • 重度の歯周病の場合
  • 歯が抜けてそのままにしていた期間が長い場合
  • 咬み合わせに問題がある場合
  • コントロールできていない糖尿病など全身的な疾患がある場合

※以前は、骨の量が少なくインプラントが埋入出来ないと言われていたケースでも、骨造成術やソケットリフト、サイナスリフトなどの骨造成治療を併用することでインプラント治療が可能となりました。


医院概要

東松戸駅前歯科医院

P

〒270-2221 千葉県松戸市紙敷602番地
アルフレンテ3階
TEL.047-314-5231    ※駐車場完備

診 療 時 間
10:00~13:30
15:00~20:30

※土曜日午後の診療時間は、18:30までとなります

・休診日:木曜・日曜




ページのトップへ